上方舞 翠乃部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 庭の物干しに浴衣を干す、という楽しみ

<<   作成日時 : 2017/08/01 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

物心ついてから、洗濯物はいつもベランダで干していたように思う。
実家でも、一人暮らしを始めたアパートでも、結婚してから移り住んできたディタッチトハウス(二軒長屋?)、マンション、などなどでも。
昨年末、中古の一軒家に引っ越しをした。
一軒家に住みたかった、というわけではなく、たまたまこちらの望む条件が揃っていたのでそこに決めたのだけれど、そこに小さなお庭があるのも決め手の一つになった。
窓を開けたときに視界が広がるマンションは、それはそれで魅力的だったけど、
窓を開けて目の前に緑がある、という景色に憧れもあった。
真冬に引っ越した時には、植木屋さんがかなり思い切った剪定をしていたため、お庭の木々はほとんど丸裸状態でがっくりしたものだが、暖かくなるにつれ、どの木も新芽を吹きだし、毎日の成長が一つの楽しみになってきた。
で、その小さな庭に、私は物干し台を置いている。
二階にベランダもあるのだが、稽古着の浴衣を干すためには大きな物干し台がやはり便利だから。
画像今までマンションのコンクリートのテラスで使っていた物干し台だけど、土の上に置くと違った発見があって面白い。
毎日土の湿り気を感じながら、「ああ、昨日は雨だったから、今日は乾きにくいかな」とか考えながら干す作業が新鮮なのだ。
昔はこれが普通だったんだろうな。
風を感じ、湿度を感じ、空模様を見ながら、洗濯物を干す。
なんか、いいなぁ。
もしこの物干しが木製だったら、レトロ感が出て、いいだろうなぁ。
昭和のにおいがするだろうなぁ。
浴室乾燥機も便利だけど、外干しをするときに五感を使って色々判断する、という作業は、脳を使うのでいいのではないだろうか?
風に吹かれて揺れる浴衣は、なんとなく風情があるなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
庭の物干しに浴衣を干す、という楽しみ 上方舞 翠乃部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる